TEL 048-665-7599

年少 斉藤萌香

子ども達が初めて自分たちで植えたトマトの苗。

子ども達の成長と共にぐんぐん生長し、たくさんの実を付けました☺

「おおきくな~れ」のおまじないをかけました

「おおきくな~れ」のおまじないをかけました

 

トマトに実になったばかりのころは、トマトの実が赤くなるのが待ちきれずにまだ実の色が緑色の時に穫ってしまうこともありました。

「まだトマトさん赤ちゃんだから待ってあげてね」と子どもたちに話してみると、少しずつ子どもたちの方から

「トマトさんいっぱい赤くなったら食べようね」

「トマトさんの赤ちゃんにお水あげたいな~」

という言葉も聞かれるようになっていき、トマトの生長を楽しみに待てるようになっていった子ども達。

「いっぱいあげなくっちゃ!」

「いっぱいあげなくっちゃ!」

 

先日、赤くなったトマトを見て子どもたちの方から食べたいという声が聞かれたので、皆で収穫して食べることに。

どれがいいかな~??

どれがいいかな~??

 

とったトマトは自分達で洗いました。

穫ったトマトは自分達で洗いました!

 

自分達でお水をあげ大切に育ててきたトマトは格別だったようで、

「おいし~い!」と目をキラキラと輝かせながら食べている姿が♪

中には、最初は「あんまりトマトは好きじゃないなぁ・・」と言っていた子もいたのですが、仲良しなお友達の姿を見てパクっと食べることができ、「食べられた」と嬉しそうな表情をしていました。

 

トマトを育てていく中で、植物を大切に育てたり生長を見守ったりと、優しい気持ちが育っていった子ども達。

まだまだ赤ちゃんトマトもたくさんあるので、

お水をあげたりしながら皆で一緒に生長を見守っていきたいと思います!

年中 菅

年中組で育てているインゲンが大豊作なんです!

つい先日も2回目の収穫をしたのですが、ボールいっぱいに美味しそうなインゲンが獲れました(^^)

園長先生にいつも調理をお願いしていたのですが、あまりにもたくさん獲れたので年長さんにも手伝ってもらう事に🎵

穫れたインゲンを持っていくと「任せて!!」とすぐに包丁で切ってくれました。

もも組・きく組の子ども達は、包丁を上手に使っている年長さんを見て、「年長さんってすごいね・・・」と、じっと眺めていました。

しかし、インゲンの量がたくさんありすぎて全部は切れなさそうだったので、もも組・きく組が食べる分を切ってもらいました。

そして、次の日みんなのインゲン大作戦が始まったのです😄

保育者が、昨日獲れたインゲンがまだ余っていたのを伝えると、皆にも分けてあげたいという声が出て来ました。

今度は、年長さんにやってもらうのではなく、自分達でインゲンの下準備をしてみることに(^^)/

子ども達がやってみたのは、インゲンのへたを手でちぎって、半分に

折る事でした。もちろん、包丁は使えませんので自分の手でやるようにしました。

 

へたを取って、一口くらいの大きさにするよ☺

へたを取って、一口くらいの大きさにするよ☺

 

張り切って、インゲンの下準備に取り組む子ども達。真剣な表情のお子さんもいれば、自分達が準備していることが嬉しくて仕方がない様子のお子さんもいました💖

味付けは園長先生にお願いして、出来上がったいんげんのおひたしを持って年長さんと年少さんへおすそ分けに行きました。

 

僕たちのいんげんさん食べて下さい!

僕たちのいんげんさん食べて下さい!

 

ドキドキの子ども達でしたが、無事に全部のクラスにおすそ分けすることが出来ました!

その日の子ども達の表情はとても誇らしげで、かっこよく見えました。

誰かの為に、何かをすることは大変だけれど、「ありがとう」って言われたり、相手が嬉しそうにしているのを見られることって本当に素敵な事だなと子ども達と一緒に感じることが出来ました💕

 

この日は、もも・きくで一緒にご飯を食べました!苦手なインゲンさんもぱくぱく食べられちゃうね💓

この日は、もも組・きく組で一緒にご飯を食べました!みんなで食べるのが嬉しくて、苦手なインゲンさんもぱくぱく食べられちゃうね💓

 

年長 宮林

憧れの年長さんになって、みんながやってみたかったこと❣

それは、お料理です😋🍳

 

今まではお兄さんお姉さんに御馳走してもらう側だったみんな。

憧れの年長さんになって、お料理するのをずっとずっと待っていたんです。

そんなみんなに、いよいよその日がやってきましたぁ❣

 

初めてのお料理は『お味噌汁』🎵

それも、自分達で育てたナスを収穫してお料理したんです😊

食べ頃のナスを見つけて収穫! 「あっ、このナス美味しそうだよ❣」

食べ頃のナスを見つけて収穫!
「あっ、このナス美味しそうだよ❣」

 

「左手はネコの手だよね!」 とっても真剣にお料理です。

「左手はネコの手だよね!」
とっても真剣にお料理です。

 

出来上がったお味噌汁は、とってもおいしくて、

はじめてのお料理は大成功😋

ナスが苦手だったお子さん達も「美味しい~!!」って喜んでくれて、

とってもとっても嬉しかった小さなコックさん達💖

「何だか今日のお料理は魔法みたい✨」

こんな素敵な言葉も聞かれていました。

 

 

そして別の日、今度は『ナスのはちみつ味噌炒め』に挑戦🎶

「僕が味をつけたから、凄く美味しくよ!」

「僕が味をつけたから、凄く美味しくよ!」

みんなはお料理することが、とっても楽しくてたまりません。

 

そしてそして、なんと今日は❓😲

年中さん達が何かを籠に入れて持ってやって来たかと思ったら

「僕たちの育てたインゲンをお料理して下さ~い!」って、

お願いされちゃったんです💦

ちょっとビックリしちゃったけれど、すぐにみんなはニコニコ顔で

「いいよ~😊」のお返事❣

早速、テラスでお料理が始まりました🍳

「皆が見ててくれたから緊張しちゃったけど、年中さんのために頑張ったよ!」

「皆の前で緊張しちゃったけど、年中さんのために頑張ったよ!」

 

自分で育てた野菜を自分でお料理する喜びと一緒に、

誰かに食べてもらう嬉しさも感じたみんな。

作って食べることの大切さを実感出来たのではないでしょうか。

これからも、みんなで『おいしくな~れ✨』の魔法を

色んなお野菜にかけてね😊

年少 渡辺

暑い日が続き、毎日のように泥んこ遊びを

楽しんでいるいちごぐみさん。

お家でお洗濯をして下さっているママ達には

ちょっぴり申し訳ない気持ちですが、

「今日も楽しく遊んできたんですね😊」と

おっしゃって下さる素敵なママ達💖

いつもありがとうございます!!

 

でも、こんなふうに思いきり心を開放して

泥の感触を思う存分味わえるって

本当に楽しいんだろうなぁ・・・✨と思います!!

 

とっても楽しそう❣❣

最高の笑顔ですね❣❣

 

みんなで川を作るのが楽しいんだ🎶

みんなで川を作るのが楽しいんだ🎶

 

先生、ワカメ見つけたよ!

先生、ワカメ見つけたよ!

 

ある日、鼻歌を歌いながら何かを作っていたAちゃん。

「今日はAのお誕生日だから(←本当は3月生まれさんですが😊)

今ケーキを作ってるんだよ。先生も一緒に食べる?」と

誘ってもらい、みんなでハッピーバースデイの歌を

歌ったのですが・・・

「ケーキにろうそくがないね!!」ということになり、

私が小枝を探しに行くことになったんです。

そこへやってきた年中組のお兄さん達。

私が枝を探していると聞き、

「じゃあお手伝いしてあげようか?」と

言ってくれたんです✨

 

こっそり様子を見に行くと

「これは長すぎて年少さんには危ないかな~」

「よし、たくさん集まったから持って行ってあげよう♪」

と言いながら一生懸命枝を探してくれていました。

Aちゃん達のところに枝を届けると、

「また探してくるね~」と

何度も枝を探しに行ってくれたお兄さん達😊

 

いちごぐみさん、喜んでくれるかな?

いちごぐみさん、喜んでくれるかな?

 

おかげでこんなにろうそくがたくさんの

素敵なケーキが出来、みんな大満足🍰

 

ろうそくフーしてね!!

ろうそくいっぱいさしちゃおう!!

 

長い棒はかき混ぜ棒として大活躍✨

 

お砂糖とチョコを入れてまぜまぜするんだよ~

お砂糖とチョコを入れてまぜまぜするんだよ~

 

園庭で遊んでいると

こんなふうに他学年との関わりも自然と生まれ、

お兄さん、お姉さんの優しさをたくさん

感じながら遊んでいる年少組さん。

名前も知らない小さいお友達に

心から優しく接することができるのは、

自分もそうやって大切にされてきた経験があるからなんですよね。

見ていてとっても優しい気持ちになりました💓

年中 岩崎

季節はすっかり梅雨になり、雨でお外に出られない日が多くなってきました。ですが、子ども達は体を動かしたくてうずうずしながら登園してきます。

そこで今日は、もも組さんでは玉入れ、きく組さんでは積み木や工作をして遊ぶ場所と分けて遊びました。

もも組の玉入れでは、体を動かす事が好きな子ども達が、音楽に合わせてかごにボールを一生懸命集めていました。お部屋の中だったのにもかかわらず、子ども達はたくさん体を動かして遊ぶことが出来て、にっこにこの子ども達でした😊

たくさんいれるぞ~❕

たくさんいれるぞ~❕

きく組では、広いスペースを使ってドミノを作ったり、積み木をどこまで高く積めるかお友だちと高さを比べてみたりと集中して遊んでいて子ども達の表情は真剣❕「揺らさないでね。」と子ども達同士で声を掛け合い崩れないようにそっと歩く姿もありました。

倒れないようにそっとね😲

倒れないようにそっとね😲

こんなに高く出来たよ❕

こんなに高く出来たよ❕

そしてテラスで遊んでいる子ども達はシャボン玉に夢中♪雨の日のシャボン玉は晴れの日と違って、なんと地面にくっつくのです❕なので地面に向かってシャボン玉を吹いている子もいました😊

♪シャボン玉とんだ~

♪シャボン玉とんだ~

そして、きょうはあめふりげきじょうもありました❕

img120

みんな大好きあめふりげぎじょう☂

ディズニー体操の先生🐭

ディズニー体操の先生🐭

今日のお話はなにかな~?

今日のお話はなにかな~?

「雨の日きら~い」なんて言っていた子もお帰りの時には、「今日楽しかったね😊」と笑顔で帰って行きました。雨の日ならではの遊びを思いっきり楽しんだ子ども達でした✨

 

 

関口

ずっと前から準備をしてきたザリガニ釣り。

そら組、にじ組集まってザリガニ釣りの相談を何度も重ねてきました。

相談をしていくうちに「早く行きたいなぁ~」と言う声が沢山でできて、次の日には松原公園に行って釣るための枝(竿)を探しに行き、子ども自身が「これがいい!」と思った枝を選びました。

そしてザリガニ釣り当日!

探しに行った枝(竿)に自分達で紐をくくりつけて、、、

スルメイカやにぼしのエサをどちらか選んで縛って、、、

っと、それが意外と難しいんです!!

ん~~しばれるかなぁ~

ん~~しばれるかなぁ~

ですが、保育者に「手伝って!」と言ったり、出来ている他のお子さんに「僕のもやって!」と頼んで、全員竿を完成させることが出来ました!

そうして早速バスに乗りザリガニが釣れるスポットへ!

(今回は沼南古代蓮の池という所に行って来ました!)

バスの中でもウキウキな子ども達で、着いたら一斉に竿を投下!!!!!

釣れるかな~?

釣れるかな~?

はじめは笑顔で水面を見つめていた子ども達でしたが、

「全然釣れない!!」「ザリガニの姿さえ見えない!!」とプチパニック(笑)

保育者「ザリガニさんはじっとしているとででくるんだって~」と声を掛けると、笑顔から真剣な表情に変わり、じーーっと待つお子さんの姿も💚

じーーっと見つめる子ども達

水面をじーーっと見つめる子ども達

こうして待っていたものの、、全く、一匹も釣れませんでした( ;∀;)

見かねたその場のおじさん達がバケツ一杯にザリガニを分けてくれたのです!

子ども達は自分では釣れなかったけれど、沢山もらったザリガニを持って帰るのが嬉しい様子でした!☆

その後幼稚園に戻り、もらったザリガニをたらいに移して、今度こそは釣るぞ!!という気持ちでザリガニ釣りを楽しんでいました!😄

今度こそ!釣るぞ!

大人気!幼稚園の釣り堀!

また「リベンジしたい!」という声も沢山聞かれていますので、相談をまたじっくりして子ども達と一緒に決めていきたいと思っています!