TEL 048-665-7599

年中 菅

つい先日、あるお子さんがお家からお花を持って来てくれました。

本物のお花ではないのですが、たくさん持って来てくれたので子ども達とどうするか相談したところ、『お花屋さんを開きたい!』という声が(^^)

早速、子ども達と準備を進めていくと驚くことがありました。まず、花束を作る人、看板を作る人などと自分達で役割分担しながら準備をし始めたのです!年少の時から、お兄さん・お姉さんに憧れてお店屋さんごっこをいっぱい楽しんでいた子ども達ですから、準備をするのも慣れた様子✨

 

看板作って~♪

看板作って~♪

 

お客さんが座る椅子用意して、看板はここに!

お客さんが座る椅子用意して、看板はここに!

 

憧れのお兄さん・お姉さん達のように!と思っていた子達が、次は自分達が頼もしいお兄さん・お姉さんになっている姿に胸が熱くなりました💕

準備が整うと、お客さんを呼びに行って、もも組のお花屋さんが開店!

来てくれたお客さんに、「ここに座ってね」と案内してあげたり、「今、お花を包むので待っててください!」と優しく、声を掛けてあげていました。

 

今、お花を包むのでお待ちくださいね~!

お花を包むのでお待ちくださいね~!

 

はいどうぞ✨

はいどうぞ✨

そのうちに、お客さんがたくさん来てしまってお店は大忙し!

でも子ども達の表情はとっても嬉しそうなんです😄

 

もも組のお花屋さんだよ🌼

もも組のお花屋さんだよ🌼いらっしゃいませ~!

 

担任が「お客さんいっぱい来て大変だね~💦」と声を掛けると、「忙しくて困っちゃうよ~!」「でもこんなに来てくれて嬉しい!」と話してくれました。

そんな嬉しそうな様子が周りの子ども達にも伝わったようで、その笑顔につられてもも組のお花屋さんは大繁盛🌷

担任も子ども達の笑顔をたくさん見られただけではなく、こんなにも出来ることが増えたんだ!と気付くことができ、嬉しい気持ちでいっぱいになりました💓