TEL 048-665-7599

年中 菅

半日保育の短い時間の中でも、子ども達は遊びを見つけるのがとっても上手!

高鬼やおままごと、長縄跳びなど、色々な遊びを見つけて楽しんでいますが、工作や描画が好きなお子さんが多いきく組では絵の具での描画が盛り上がっています。

お部屋に、絵の具を出すと「絵の具やりたーい!青いお洋服(遊び着のことです)着てくるね!」と早速みんなで手形をとったり、自由にお絵描きが始まりました♪

 

全部、青色で塗るぞ~!

全部、青色で塗るぞ~!

 

最初は絵筆を出さずに、担任が直接絵の具を手に塗ってあげたりしていたのですが、新入児のお子さんが「筆使って描いてみたいなあ」という声をきっかけに、筆を使い描いてみることにしました。

一人一本ずつ筆を渡し、描いている様子を見て見ると、それぞれ違った楽しみ方をしていたんです✨

自分で手に塗って手形を楽しんだり、自分の手形に目を描いたりして色々な動物に見立てたり、筆の赴くままいろんな色を重ねて出来上がった絵を見て題名を決めたりと、真剣に描いていく様子はさながら芸術家のよう😊

 

手にいっぱい塗ってみたよ~

手にいっぱい塗ってみたよ~

 

どんな絵が出来るかな?

どんな絵が出来るかな?

 

あるお子さんは、青色が好きで画用紙いっぱいに青色を塗り拡げていました。「なんか海みたいだなぁ」と、そこから、海の絵に白色を塗り足して波を描き、混ざり合った部分が水色になり、なんと海が空に大変身!!

 

白と青が混ざってきれい✨

白と青が混ざってきれい✨

 

一枚の絵が、描いていく過程の中でこんな風に変化していくなんてとても面白いですよね(^^)/

小さな芸術がたくさんいるきく組では、これからどんな素敵な作品が飛び出すのか楽しみです💛