TEL 048-665-7599

年少 渡辺

いちごぐみのみんなと過ごせる時間もあと少し😢

ということで、先週の水曜日に年少組3クラスで

吉野公園に遊びに行って来ました🚌

バスに乗れることも楽しみのひとつだったようで、

あっという間に公園に着くと

「え~もう着いちゃったの?早~い!!」

という声も聞かれました😊

 

公園に到着してすぐに子ども達が向かったのは

アスレチックやターザンロープなどの大型遊具。

かなりの高さに怖がる子もいましたが、

やっぱりお友達と一緒だと勇気が出るようで

果敢に挑戦している姿がありました!

アスレチックは大混雑💦

人気のアスレチックは大混雑💦

 

先生、ヤッホー♪

先生、ヤッホー♪

 

高いすべり台でも怖くないよ!

高いすべり台でも怖くないよ!

 

階段から登るよりもこっちのルートの方が断然人気✨

階段から登るよりも、こっちのルートの方が断然人気でした✨

 

うわ~早いなぁ!

うわ~早いなぁ!

 

見て!すごいでしょ✨

見て!すごいでしょ✨

 

でも、やっぱり清美っ子達は自然が大好き🍃

以前吉野公園に来たときのことを覚えていて

「今日もどんぐり落ちてるかな~♬」と探していたり、

こっちにどんぐりたくさん落ちてるよ💛

こっちにどんぐりたくさん落ちてるよ💛

 

先生、このどんぐりさん芽が出てきてるよ❣

先生、このどんぐりさん芽が出てきてるよ❣

 

きれいな紫色のお花をたくさん摘んで

「ママにお土産にするんだ~💖」と話している子もいました。

かわいらしいお花がたくさん咲いていて、春を感じました😊

 

このお花かわいいから、ママにあげるんだ💓

このお花かわいいから、ママにあげるんだ💓

 

そして桜の花が咲いているのを見つけた女の子達は・・・

桜が咲き始めていました🌸

もう桜が咲き始めていました🌸

 

あとちょっとで手が届きそうだよ✨

あとちょっとで手が届きそうだよ✨

 

桜に向かって一生懸命手を伸ばしている姿が、

年中さんに向かって希望を持って歩んでいく

子ども達の姿と重なって、

なんだかしんみりしてしまった担任なのでした。

 

残りわずかとなってしまいましたが、

進級に向かって前向きに進んでいく子ども達を見守り、

年中さんに向かって背中を押してあげたいと思います。

 

年中 岩崎

もうすぐ卒園してしまう年長さんに、いっぱい遊んでくれてありがとうの気持ちを伝えるために、もも組ときく組で内緒でランチパーティーの準備をすることにしました❕

まず去年のランチパーティーの事を思い出しながら、どんな事をしようかと話し合いました。すると、「お歌のプレゼントしたいなぁ♪」や、「きれいに飾りつけもしたいね✨」と素敵なアイデアが沢山出て来ました😊出てきたアイデアをもとに、どんな役割が必要かをみんなで考えて、準備を進めて行きました。

言葉の練習中~❕

いただきますの言葉の練習中~❕

飾りつけ係の子ども達は、張り切って毎日たくさんの折り紙やポンポンを作って飾りを作ったり、チケット係の子ども達はチケットのデザインから自分達で考えて作りました🎫

いよいよランチパーティーの当日。

入口の看板❁

入口の看板🌼

子ども達は朝から楽しみで「いつお2階行くの?」や「パンまだ来てないか聞いてくる‼」とそわそわしていました😊

パーティー会場の準備がんばるぞ~❕

パーティー会場の準備がんばるぞ~❕

可愛い飾りでいっぱい✨

可愛い飾りでいっぱい✨

チケットの受付🎫

チケットの受付🎫

パンを配る係や机を拭く係の子ども達は、ようやく自分達の出番が来たと張り切って準備をしていましたが、言葉を言う係や年長さんを呼びに行く係は緊張でドキドキ💓していました。でもたくさん練習していたので、バッチリ言葉を言うことが出来ました😊

みんなで食べると美味しいね~😊

みんなで食べると美味しいね~😊

ランチパーティーが終わると、「年長さん喜んでくれてよかった~😆」「大成功だったね~❕」と子ども達の表情は、憧れの年長さんに喜んでもらえて嬉しかったのと、自分達で出来た達成感からキラキラな笑顔で溢れていました✨

そして‼なんと年長さんから、畑のお手伝いを頼まれて一緒にジャガイモ植えをしました。年長さんが大事にしていた畑を任された子ども達は、嬉しい気持ちとちょっぴり不安な気持ちもあるようでした。

どのお芋にする?

どのお芋にする?

「もっと掘るんだよ」 「大変だなぁ」

「もっと掘るんだよ❕」
「大変だなぁ。」

カレンダーを見ながら、「もうすぐきく組とお別れだね・・・」なんて寂しさを感じている子も出てきていて、楽しみな気持ちもあり不安な気持ちもあり・・・という様子の子ども達😢

進級に対して一人ひとりが感じている思いは様々なので、その思いを受け止めつつ、これからも沢山遊んで楽しんでいきたいと思います😊

 

年長 関口

先日、とっても楽しみにしていた

峯先生のお雛祭りの「お茶会」がありました!

 

『年長さんはお菓子もお抹茶も頂ける❣』

ということを覚えていたにじ組の子ども達!

待ち遠しく思っていた当日には、

「なんか大人になった気分だね…」

とちょっぴりドキドキしながらのスタート。

道具を一つひとつ教えてくれました!

道具を一つひとつ教えてくれました!

 

「お菓子をどうぞ」 「いただきます…」

Ⓣ「お菓子をどうぞ」 子「いただきます…」

正座をして真剣に参加する子ども達!!

お抹茶を点ててもらっている間に落雁を頂きました。

見た目の可愛さから「おいしそう~♥」

と言って食べてみると「これってお菓子なの…?」

と子ども達はいつも食べているお菓子とは

少し違うことに気付いたようで

(ーー;) ←こういった表情をして食べる子の姿も(笑)

 

「ぼく、抹茶飲んだことあるんだ~!」

「わたしは抹茶アイスが好きなんだ~!」

なんて話していると

お待ちかねのお抹茶の登場です!

「わぁ~!」と目の前に置かれたお抹茶に釘付け✨

「少し回すんだったかな?」

「少し回すんだったかな?」

 

「みんなでいただきます!」

「みんなでいただきま~す!」

子ども達は峯先生に教えてもらったことを

しっかり覚えて、茶碗を少し回したり、

お辞儀をして頂いたりすることが出来たんです!

「点てたばっかりは熱いから少しずつね!」

「点てたばっかりは熱いから少しずつね!」

 

「飲み終わったらまた茶碗を回して戻すんだよね!」

「飲み終わったらまた回して戻すんだよね!」

子ども達はお茶会の雰囲気を感じて、

『元気で明るくて活発☆』というにじ組の姿に

大人っぽく落ち着きのある素敵な姿が加わり

なんだか一足お先に小学生になったような子ども達でした!

嬉しいような、寂しいような…担任です(笑)

 

今月は小学生になるための大事な卒園式が控えています。

もうすでに練習が始まっていて、2階やお部屋で

みんなで集まって取り組んでいるのですが、

そこでも大きくはっきり返事をする姿

一連の流れを覚えて自分なりにやってみようとする姿

一人ひとりが真剣に取り組もうとしている姿があります。

卒園まであと少し。

幼稚園での楽しいことが沢山の思い出になっていく感覚は

子ども達にとって嬉しいことだったり、寂しいことだったり

感じ方は様々だと思います。

子ども達がどんな思いを持って過ごしていくのか、

最後までしっかり見届けたいと思っていますので

どうぞよろしくお願い致します。

 

年少 小島

電車好きの子が多いみかん組さん。

そんなみかん組さんでの

盛り上がっている遊びをご紹介します。

 

ある日チラシをチョキチョキ切っていた子がいました。

「何を作るのかな?」と見ていると床に線路のように

テープで貼り始めたのです‼

わくわくフェスティバルの乗り物屋さんに

遊びに行ったので、その時に見た線路の真似を

したみたいなんです。

そこで何度も繰り返し楽しめたらいいなーと思い、

大きな紙を渡すと、そこに線路を作ることになりました。

他の子達も「手伝うよ!」とチラシを切ってくれたり、

テープ係をしてくれたり大盛り上がり♡

線路作ってるよ~!

線路作ってるよ~!

電車も作って出発進行~!

電車も作って出発進行~!

踏切でーす!

踏切でーす!

最初はわくわくフェスティバルでの年長さんの真似をして

チラシでつくっていたみんなですが、疲れてしまったようで

途中からはペンで線路を描きました(笑)

そんなところも年少さんらしくて可愛いですね😊♡

そしてこの日は大きい紙1枚に線路を作って

自分達の電車を走らせました!

それでおしまい…かとおもいきや!

次の日も大きな紙に線路を描いて繋げたんです😘

どんどん線路が繋がるね♫

どんどん線路が繋がるね♫

それから毎日線路を描いて繋げて……

こんなになが~くなったんです!

いっぱ~い繋げたよ‼

いっぱ~い繋げたよ‼

お友達みんなと作ってここまで大きくなりました。

線路を繋げて長くなることがみんなとても嬉しいようです😊

 

そして線路はまだまだ続きそうです!

みんなで作った線路がどんどん長くなることが

とても楽しみですね♪

 

 

年中 菅

先週の土曜日は清美幼稚園のわくわくフェスティバルでした!

もも組の子ども達は年少の時よりも違った思いを感じながらわくわくフェスティバルを迎えました。

お部屋の展示では自分がお家の人に見せたいものを「これ、わくわくの日に飾ってね」と保育者に頼んでいる姿があり、去年とは違い自分の成長したことや出来るようになったことをわくわくでお家の人に見てもらうという楽しみがあったようです♫

そして、みんながもっと楽しみにしていたのは2階の年長さん達のお店屋さん(^^)/

前日の金曜日には特別に招待してもらって一足先に楽しませてもらったり、当日だけでなく終わった次の日も年長さん達はお店を開店してくれました!

 

おすし屋さんはお皿まで手作りですごいな~✨

おすし屋さんはお皿まで手作りですごいな~✨

 

おばけめいろ!面白くて何回も入っちゃた!

おばけめいろ👻面白くて何回も入っちゃった!

 

クレーンゲーム屋さんではお兄さんが優しくやり方を教えてくれたよ♫

クレーンゲーム屋さんではお兄さんが優しくやり方を教えてくれたよ♫

 

線路もたくさんあるし、乗り物もたくさん!どれに乗ろうかな?

線路もたくさんあるし、乗り物もたくさん!どれに乗ろうかな?

 

クレーンゲーム屋さんに、おばけめいろ、おすし屋さん、乗り物屋さん等‥いっぱいお店がありました。子ども達からは「わくわくって楽しいね!」という言葉がよく聞かれ、大好きな年長さんが素敵なお店を開いてくれて、とても楽しんでいる様子が見られていました。また、「わくわくって楽しいね!」と同じくらい聞かれたのが、『年長さんってすごいね』という言葉でした。

子ども達の中で、より一層、強い憧れになった年長さん。「僕は金魚すくいのお兄さんみたいに金魚すくい屋さんやりたいな」と、もう自分達が年長さんになった時のことを考えているお子さんがいるほど😊

そんな、年中組の子ども達は大好きな年長さんへありがとうの気持ちを込めてランチパーティの準備の真っ只中!大好きとありがとうの気持ちが伝わる様に心を込めて準備しています💓

 

年長さんにランチパーティの招待状🌟喜んでくれるかな?😊

年長さんにランチパーティの招待状🌟喜んでくれるかな?😊

 

みんなの気持ちが伝わる素敵なランチパーティになるといいね🌼

年長 宮林

3学期に入ってすぐに、年長さん達はわくわくフェスティバルの準備に取り掛かりました。

『どんなフェスティバルにしたい?』と、いう相談から始まって、次に『自分は・自分達はどんな事がやりたいのか?』と、沢山沢山考えて迷いながらも、ちゃ~んと自分で自分の方向性を選んだいった子ども達。

(もう、その逞しい姿を見ているだけで、一人ひとりの成長を感じて、担任は感激で胸が熱くなってしまいましたが💦)

 

そんな皆の思いは、ただ一つ。

年長組は『お家の人や小さい子に、いっぱい楽しんでもらいたい💕』という、大きな目標に向かって歩き出しました❣

 

ところが・・・

準備を進めて行く中で、お店のイメージが仲間と共有出来なくてトラブルが起きたり、想像していた通りに品物が作れずに困惑したり、協同作業で気持ちが揃わず喧嘩になったり・・・いっぱいの壁にぶつかってしまったんです❕

 

「本当のお寿司屋さんに行ったら、マグロの色がこの色じゃあなかったよ💦」

「本当のお寿司屋さんに行ったら、大トロの色がこの色じゃなかったよ💦」「えー、どうする?」

 

ガムテープが切れなくて、電車がつくれない💦

ガムテープが切れなくて、電車が作れな~い😢

 

そしてある日、恐竜博物館の準備をしているグループから、こんな声が聞こえてきました。

A君「どうして皆はふざけてばっかりで、恐竜を作ってくれないの?僕ばっかり作ってて、みんなは遊んでてズルイよ!」

確かに、作業をしているのはA君一人だけで、他の4人は恐竜作りの為に用意した紙粘土で違う物を作って遊んでいます。

見かねて話し合いを提案すると、こんな声が聞こえてきました。

B君「だって、A君が一人で作る物を決めてて、僕たちの作りたい恐竜を言うとダメって言うんだもん…」

C君「楽しくないから、恐竜博物館もうやめたいな。」

D君「僕はまだやりたいけど、みんなで一緒に作るのが難しいんだよね。」

E君「あんまり恐竜の事よく知らないから、作るのじゃないことなら、出来るんだけどな。」

 

なるほど、色々な意見が湧きだしました。

 

するとA君「じゃあ、4人でジャンケンして❣

順番決めて、作りたいもの言っていこうよ😊」

なんと、自分達でちゃんと解決できたんです。

『相手に伝える事』『仲間で聞き合う事』が出来れば、どんな壁も超えていけるという事を経験して分っていく姿がそこにありました。

この後も恐竜博物館グループはバンバン音がする位(笑)、数々の壁にぶつかりましたが、その度に相談して相談して相談して乗り越えていきました。

「本物の恐竜の化石にみえるかなあ?」

「本物の恐竜の化石にみえるかなあ?」

 

そうして、いよいよ今週末は本番当日❣

恐竜博物館グループに限らず、どのグループも長い準備の中での葛藤やいざこざや助け合いから生まれた色々な思いを持って、土曜日を迎えようとしています❣

 

当日だけでは見えて来ないかもしれませんが、子ども達が沢山の壁を乗り越えてきた証がそこにあるという事を、少しでも感じていただけたら嬉しいです💕

そして、そら組にじ組のお子さん達がクラスを超えて、仲間の力を信じて仲間といっぱい心を通わせて活動を進めてきたわくわくフェスティバルを、目一杯楽しんで下さい😊

年少 斉藤萌香

2月3日は節分の日ということで

少し早めでしたが、先週の金曜日に

皆でお豆を食べたり、節分にちなんだゲームをして楽しみました!

 

前日に子ども達にお集まりの中で節分の話をすると、

「鬼になりたい!」という声も出ていたので、

当日は朝から鬼のお面作り。

「優しい顔の鬼にしよーう!」「驚かせる顔にする!」なんて話をしながら作り、色々な表情の鬼さんが完成!

優しい鬼さん

色々な表情😊

 

作ったお面を使い、年少組はいちご組・みかん組・ぶどう組の3クラスでカラーボールを使って豆まきをしました。

3クラス一緒に二階ホールで♪

3クラス一緒に二階ホールで♪

投げる時に、「鬼は外福は内って言うんだよ」と伝えると嬉しそうにボールを投げる姿も(^^)/

「鬼は外っておもしろいね~」

「鬼は外っておもしろいね~」

投げたボールは協力してお片付け!

投げたボールは協力してお片付け!

たくさんの人数で出来た事がすごく嬉しかったようで、汗をかくほどたのしんでいた子ども達でした。

 

そしてお部屋では年長さんが折り紙で作ってくれた三宝を1人1つ貰い、その中にお豆を入れて食べました!

苦手な子も1つは食べられました!

どんな味かな・・

お兄さん・お姉さんに三宝を折ってもらった事がすごく嬉しくて、食べ終わった後も、「これママに見せるんだ」と大切にリュックにしまっている姿も見られました。

 

年少さんという事で節分ってなんだろう?という子が多くいましたが、節分がどんなものなのかを知ることが出来たり、みんなでやると楽しいね!という思いも沢山感じられたのではないかと思います。

 

 

 

 

年中 岩崎

外遊びをするのが寒くて、お部屋の中での遊びが大盛り上がり❕

特に、すごろくが盛り上がっていて自分達でコマを進めながら楽しんでいます。しかし、すごろくのコマには限りがあるので、「これ終ったら貸してあげるね。」と約束しながらやっていたのですが、中には待っていられず「やっぱりやめるね・・・」と他の遊びへ行ってしまうお子さんもいました。

そこで、どうにかみんなで出来るすごろくは無いかと、子ども達と考えて、‘‘きく組オリジナルのすごろく‘‘を作ることにしました❕

文字が書ける子を中心にすごろくのマス作りをしたり、絵が得意な子が大きいさいころを作ったりして、オリジナルすごろくが完成しました。

さっそく並べてやってみよう❕

さっそく並べてやってみよう❕

一つひとつのマスには子ども達が考えた仕掛けがしてあり、一回休んでスタートに戻るマスや、ジャンプするマスなど体を使った仕掛けもあります。

1が出たよ⚀

1が出たよ🎲

犬のものまね🐶

犬のものまね🐶

♪ぞ~うさんぞ~うさんお~鼻が長いのね~

♪ぞ~うさんぞ~うさんお~鼻が長いのね~

自分達がコマになって進んでいくのも楽しみの一つのようで、「1,2、3歩♪」と数えながら進んでいく姿もあります。

自分達で遊びを考えて作っていけるなんて、子ども達の力って本当に凄いですよね😊

ますますお友達と一緒に遊ぶ楽しさを感じたきく組の子ども達でした❕

 

年長 関口

最近は寒かったり風が強かったりしていて

園庭に出るのがちょっぴり億劫な様子のにじ組さん。

特に女の子達はお部屋でぬくぬくゆったり遊ぶ姿が多く

見られていましたが、今日は上着を着なくても暖かかった

ようで園庭での遊びが盛り上がっていました!

その中で砂場遊びでは、長シャベルを使い協力して

一つの大きなお山を作っている姿があり、

しばらく様子を見ていると…

「大きなお山作るぞ~!!」

「力を合わせて作るぞ~!!」

 

お子さん達が役割分担をしながら遊んでいることに

気が付きました!

誰がどういう役割をする、という固定での決まりではなく

遊びの進み方やタイミング、作っている段階を見て

一人ひとりが”今はこれが必要かな” ”次はこれがいいかな”

と考えてスムーズに遊ぶ姿が!!

 「土を柔らかくして、山にかけるよ!」

「土を柔らかくして、山にかけるよ!」

 

 

 

 

 

 

 

「私は白砂を持ってきたよ!」 帽子がズレても関係ない!(笑)

「私は白砂を持ってきたよ!」
  帽子がズレても関係ない!(笑)

 

「次は固めるためにトントンしなきゃね!」

「次は固めるためにトントンしなきゃね!」

 

”みんなで作ることって楽しいね!”

と声を掛け合いながら盛り上がっていて、

片付けの時間になった時には崩されないように

「にじくみのおやまです くずさないでね」の看板を立て

みんなで大切にしている姿も見られていました!

『友だちと協力しながら何かをする』という事は

お子さんにとって大切な経験で、一人では出来ない事も

みんなと一緒にだと出来るようになる事があります!

その中で自分がどのように参加をしていけばいいのか、

どのような事をやってみたいのかを考え、伝えて

役割分担をする事は年長さんのこの時期だからこその姿

なのではないかと感じました。

わくわくフェスティバルの準備が少しずつ進んでいるの

ですが ”役割を分担する” という事も出てきます。

その時に、お子さん達がどのようにどんな思いを持って

決めていくのかをよく見ていきたいと思いました。

色々な事にやってみよう・頑張ってみよう・協力しよう

とする気持ちがたくさん見られてきている年長さん💚

その思いを大切にしながら、今のお子さんの姿を

充分に認めて、一緒に楽しんでいきたいと思っています!

年少 渡辺

三学期に入ってから、コマや羽根つきなどの

お正月遊びに触れる機会が増えたいちご組さん。

たくさん回せたね!

たくさん回せたね!

 

年少さんはラリーはまだ難しいので、吊るしてある羽を打っています😊

年少さんはラリーはまだ難しいので、吊るしてある羽を打っています😊

 

お友達も近くで応援しています!

お友達も近くで応援していますね❣

 

そんな中でも1番のお気に入りは福笑い✨

最近ではやり方を覚えて、保育者がいなくても

子ども達だけで楽しめるようになってきました!

次はほっぺを渡すね!

この辺かな~?

 

うふふ、おめめが縦に並んでて面白いお顔になってるね😊

うふふ、おめめが縦に並んでて面白いお顔になってるね😊

 

真面目な彼は、目隠しをしているのにさらに手でも押さえています(笑)

真面目な彼は、目隠しをしているのに手でも目を押さえています(笑)

 

やっている本人だけでなく周りで見ている子達も

一緒に楽しめるのが人気の理由のようで、

完成した顔を見てみんなで大笑い!!!

クラスみんなで盛り上がっています🎶